isekiなblog日記

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

願わくば

101219 003


 ナカオ君が DH で乗ってる 2005~2006年辺りの TREK SESSION
(当店 TREK は取り扱っておりません。)
 
 リアバックにガタがあり修理。


101129 005

 リアホイール・アクスルの近くに PIVOT があるので、負担が掛かりやすいのか、乗り手がハード・ライディングなのか

 ホイール上部分のPIVOTのガタがひどく、ベアリングではなくフレーム側が広がってガタってました。


101129 009

 下の影響で上PIVOTのベアリングもスコスコに。


101129 056

 広がったフレーム部分とベアリングを新品にするのが1番良いのですが

 いずれフレームを買い換えるということで最低限のガタ修理。

 ベアリング自体はガタが微妙にあるかな?な感じで、グリスを詰め込むと微妙なのが無くなり

 収まるフレーム側を軽くペーパーを当て、脱脂。ベアリングも脱脂。

 硬化すれば金属並みになるという硬化剤をフレーム側に塗り、ベアリング圧入を計4箇所。


101219 004

 他の部分はガタは無かったので、グリスを詰め込み 組み立て。

 形になったら軽くリアサスをストロークして 名PIVOTを締め付け。

 1日そのままにし、完成。

 とりあえずガタはなくなり、リアの動きがシットリしました。
 
 
 これでどこまで持ちながらえるか?ですが、その辺は了承済みの作業。

 願わくば、暫く DH RIDE に持ちこたえてくれると良いのですが。


 
  1. 2011/01/11(火) 14:09:05|
  2. MTB・物な情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://csiseki.blog2.fc2.com/tb.php/1644-6c667854
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad